アロエジュースは健康の支え
アロエジュースは健康の支え

種類

アロエの種類

いつもコメント・トラバ・相互リンク・ ランキング応援有難うございます。
アロエジュースは健康の支え@ほーぶんたろうです。


アロエの種類について調べてみました。
299種類のアロエをその写真と共にご覧になりたければ、
こちらのサイトが一番でした。


アロエは、世界のいたるところで観賞用又は民間療法の植物として、栽培されています。


アロエは、植物学的には、サボテンとは異なり、
ニンニクなどと同じユリ科アロエ属の多年性常緑多肉質草を指す総称です。


高さは、10センチに満たない小さなアロエから、
成長すると20メートルを超す大型のアロエまであります。


葉は、固いトゲを持つものから、トゲのないものまであります。
また、葉をかむと、とてつもなく苦いものアロエもありますが、まったく苦味のないアロエもあります。


基本的には、熱帯原産の種ですから、アフリカを中心に広がっています。
南アフリカで、275種、
マダガスカルで、42種、
アラビアでは、12種〜15種が知られています。
日本では、1948年には、約30種程度でしたが、
観賞用として、多種のアロエの種が輸入されましたので、今では、200種にもなりました。


園芸用として、名高いアロエは、
・ソロモン王の碧玉冠(アロエポリフェラ)
・牽牛織姫(アロエベラツーラ)
・雪女(アロエクラビフロラ)
・五重の塔(アロエプリカティス)
・紫光錦(アロエビッケンシー)
・女王錦(アロエパルブラ)
・コーラルアロエ(アロエストリアータ)
などがあります。


薬効成分が発見されているものは50種類以上あります。
特に、ベラ種は薬効の点からも貴ばれ、古代ギリシア時代からずっと使われてきた種類の一つです。


◆多年性常緑多肉質草◆
一度種をまいたら、適温、適地である限り、十数年間も生育する植物。
その中で、年中緑色の葉をつける多肉質の植物を指します。


アロエの系統
世界的に見ると、


ケープアロエ、キュラソアロエ、ソコトラアロエのように
大型木質化したアロエと、


シャボンアロエ、キダチアロエ、アロエベラのように、
やや軟らかい葉を持ったアロエと2系統に分かれます。


◆参照させていただいたサイト一覧◆
http://albino.sub.jp/html/g/Aloe.html
http://shirou-nouen.com/zatugaku/zatugaku.html
http://www.a-aloe.com/aloe_shinjitu.htm
http://www.aloe-webshop.com/cgi-bin/aloe-keijiban/cbbs.cgi?mode=one&namber=1&type=0&space=0&no=0
http://www.plantatree.gr.jp/herbal/bkn23.php
http://zatugaku.jp/aloe-1.htm
http://zatugaku.jp/aloe-2.htm
http://www.kinomama.jp/lohas/yogo/2006/03/post_2733.html


いかがでしたか?


この記事に対するコメント・トラバをお待ちしております。


ここまで読んでいただき、本当に、ありがとうございました。


また再び、来てくださることを願っております。


では、再見!

この記事へのコメント
There could possibly be larger responsive people who you could possibly slander.Get yourself an amazing dialog. It is conclude the potential of an alternative working relationship.
ポーター タンカー
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。